こんにちは

世界的に見てもマウンテンバイクが最も盛んだと言われているカナダ。クロマグはそのカナダのマウンテンバイクシーンの中心地であるウィスラーで誕生し、現在もローカルライダー達が日々のライディングの中でテストを繰り返しています。ウィスラーのスキー場に夏期オープンするバイクパークはその規模でも訪れるライダーの数でもご存知の通り世界一を誇りますが、周辺の実に多様で私達の想像を超える数と距離のバイクトレイルの存在も忘れてはいけません。そんなトレイルでクロマグバイクは本領を発揮しています。
「登って、下る」あるいは「ご機嫌な下りの為には延々と続く登りも苦にならない」そんなマウンテンバイク本来のスタイルは現在でも健在です。ウィスラー発信のクロモリのハードテイルバイク、一見すると一昔も二昔も前のフレームに見えますが、実はとてもユニークでオリジナリティーに溢れたフレームで、現在のトレイルシーンに実にマッチしたいわばニュースクールなシンプルなフレームです。10年以上前からいち早くハードテイルフレームにロングトラベルフォーク装着を前程に基本設計されたフレームであり、シンプルなクロモリフレームには「乗る人」だからこそ考えつくアイディアがしっかりと盛り込まれています。
ディスクブレーキ台座の構造などは、ちょっとバイクのことを知っている人が見たら思わず唸る造作です。全ては「仲間達とご機嫌なトレイルで最高の時間を過ごす」「ロングライドで最大のストレスになるトラブルを極力少なくしたい」という彼らのライディングスタイルの為に試行錯誤を繰り返して作られたフレームなのです。是非皆さんにもそんな「乗る人たちのスピリットを感じさせる」バイクであることを知って頂きたいと思います。
初期はバイクフレームとステムでスタートしたクロマグもシートクランプから更に広がりを見せ、マウンテンバイク専用設計サドル、ハンドルバーといったパーツ類も年を重ねる毎に充実しています。デザインを犠牲にせず、乗り手が「こんな物が欲しかったんだ」そんな思いに応えるユニークでオリジナリティー溢れる製品も要チェック!です。